睡眠リズム セロトニン

不眠症、睡眠障害でお悩みの方に質のよい睡眠をサポート

↓↓こころの青汁 マインドガードDX↓↓

睡眠リズムを整えるにはセロトニン不足を補おう

脳がリラックスしている時に分泌されるセロトニンが不足すると、睡眠リズムが崩れて睡眠のトラブルを起こしやすくなります。今までと同じように眠っているつもりでも、朝起きた時に疲れが残っていたり、肌がくすんでいたりすることがありますし、今までは目が覚めなかったようなわずかな物音でもパッと目が覚めてしまうなどの覚醒トラブルを引き起こしやすくなってしまいます。

 

睡眠には、浅い眠りのレム睡眠と、グッスリ熟睡している深い眠りのノンレム睡眠とがありますが、セロトニンの分泌量を正常な状態へと近づけることによって、この二つの睡眠リズムのバランスを改善できます。通常の場合、レム睡眠とノンレム睡眠は90分ごとに入れ替わっていて、少しずつその時間が短くなっていき、朝になると目が覚めるというメカニズムになっています。しかし、セロトニンが不足している場合には、ノンレム睡眠の時間が短くなってしまうために、眠りが浅くなったりすぐに目が覚めてしまったり、夜中に目が覚めてそのまま眠れなくなってしまうなどのトラブルが起こりやすくなります。食生活を見直したり快眠サプリなどを活用しながら、体内のセロトニン量を増やすことによって睡眠リズムを改善できます。