睡眠 副作用

睡眠薬の効果と副作用について

医師の処方箋がなければ購入できない睡眠薬は、作用が強いために起こるかもしれない副作用についても、服用前に理解しておかなければいけません。

 

慢性的な不眠体質をグッスリ眠らせるためには、神経の緊張や興奮をリラックスさせて体と脳を休息モードに切り替える作業が必要となりますが、薬によってその作用を持つ有効成分は異なります。

 

30年以上前によく処方されていたバルビタール酸タイプの睡眠薬は依存性が強く、飲まなければ眠れないと悪循環に陥ってしまう副作用がありました。

 

現在では、医師が処方してくれる薬はベンゾジアゼビン系のものが増えていて、そうした依存性の副作用はかなり軽減されているので安心です。

 

多くの睡眠薬に共通する副作用には、翌日シャキッとおきることができなかったり、翌日にも頭がふらふらしていて眠たいという症状があります。

 

これは、薬によって有効時間が異なるだけでなく、体質によっても薬の危機が良い悪いがあるので、飲む量や薬の種類を調整することによって、ある程度抑えることは可能です。

 

睡眠薬を服用する際には、薬の効果が何時間ぐらい持続するのかを逆算して、確実に就寝するように心がけることも大切です。

 

医師に相談しながら、薬を調整してもらいながら、自分にピッタリの強さの薬を見つけることが、上手に睡眠薬と付き合うコツです。