疲れが取れない セロトニン

疲れが取れない眠りはセロトニン不足が原因かも

夜しっかり眠ったはずなのに、朝起きても疲れが取れないという人は少なくありません。不眠症と言うと、布団に入ってもなかなか眠れないという寝つきトラブルをイメージする人が多いのですが、睡眠の質が悪くて朝起きた時に疲れが取れない場合も不眠症に分類することができます。

 

睡眠トラブルは多くの場合、セロトニン不足が原因となっていることが多く、セロトニンを体内で分泌されやすい環境を作ることによって、睡眠トラブルもスッキリ解消できます。

 

セロトニンの分泌量を増やすためには、普段の生活の中でセロトニン分泌量をアップするための工夫と努力が必要です。

 

例えば、食生活ではセロトニン分泌を促進する作用を持つトリプトファンを多く含む乳製品や大豆、魚の赤身などを意識して食べるように心がけたり、昼間は太陽の光を浴びて体内時計を正常な状態へと近づける工夫も良いでしょう。

 

また、夜になったら脳に刺激を与える作業はできるだけ控えて、脳をリラックスさせて入眠しやすい環境を作ることも効果的です。生活が不規則な人は、できるだけ毎日同じ時間に就寝して起床する習慣に変えることも必要です。

 

どうしても不眠でツラい場合には、快眠サプリを摂取するという方法もセロトニンを分泌しやすい体質へと近づくことができるのでおすすめです。